機動戦士ガンダムSEED

機動戦士ガンダムSEED HDリマスター Blu-ray BOX 〔MOBILE SUIT GUNDAM SEED HD REMASTER BOX〕 1 (初回限定版)

放送時期:
放送形式:TV
話数:全50話
原作:矢立肇、富野由悠季
制作会社:サンライズ
監督:福田己津央
脚本・構成:両澤千晶
関連サイト:公式wiki

機動戦士ガンダムSEEDは、2002年に放送されたテレビアニメ。ガンダムシリーズの1つであり、宇宙世紀に属さないガンダム作品でもあります。

本作は、宇宙世紀シリーズとは違う新しい世界軸のガンダム作品として制作されました。ファーストガンダムや原点回帰を目指して制作された経緯もあり、設定や演出などは随所にオマージュ的な要素があります。

古くからのガンダムファンからは厳しい評価もありましたが、商業的には大ヒット。美少年キャラクターは女性ファンを増やし、美少女キャラクターはガンダムやロボット作品に縁が遠かったアニメユーザーを取り込むことができました。

また、DVDやブルーレイ等の映像作品は他アニメ作品を圧倒する売り上げをたたき出しました。

スポンサーリンク

あらすじ・内容解説

ザフトと連合の開戦から11ヵ月余りが過ぎた。L5に浮かぶ中立国オーブの資源衛星ヘリオポリス。そこの工業カレッジに通う学生キラ・ヤマトは、いつものようにゼミを訪れ、そこでコロニーに侵入したザフト軍によるガンダム奪取作戦に遭遇する。

工場各所で起こる爆発と、プラント内に侵入してくるMSジンにより混乱に陥るヘリオポリス。奇襲は成功し、秘密裏に建造されていた連合初のMS・ガンダムは5機のうち3機までがザフトの手に落ちた。

避難場所を探していたキラは、逃げ遅れた一人の少女を追って工場区画に迷い込み、そこで偶然に残る2機のガンダムを目撃する。なぜか、それを見て絶叫する少女。キラは何とか彼女を避難させるが、キラ自身の行く場がない。

居合わせていた連合士官マリュー・ラミアスは、彼を残されていたMS・ストライクの中へ案内しようとする。が、そこにザフト兵の襲撃が!…それはかつてのキラの親友、アスラン・ザラだったのだ。

引用:公式サイト

キャスト・スタッフ

キャスト

キラ・ヤマト:保志総一朗
マリュー・ラミアス:三石琴乃
ムウ・ラ・フラガ:子安武人
ナタル・バジルール:桑島法子
フレイ・アルスター:桑島法子
サイ・アーガイル:白鳥哲
ミリアリア・ハウ:豊口めぐみ
ムルタ・アズラエル:檜山修之
アスラン・ザラ:石田彰
ラウ・ル・クルーゼ:関俊彦
イザーク・ジュール:関智一
ディアッカ・エルスマン:笹沼晃
ニコル・アマルフィ:摩味
ラクス・クライン:田中理恵
アンドリュー・バルトフェルド:置鮎龍太郎
カガリ・ユラ・アスハ:進藤尚美

スタッフ

企画:サンライズ
原作:矢立 肇/富野由悠季
監督:福田己津央
シリーズ構成:両澤千晶
脚本:両澤千晶/吉野弘幸/面出明美/大野木寛/こぐれ今日子
キャラクターデザイン:平井久司
メカニックデザイン:大河原邦男/山根公利
チーフメカ作画監督:重田 智
カラーコーディネーター:歌川律子/柴田亜紀子
美術監督:池田繁美
撮影監督:葛山剛士
編集:森田清次
音響監督:浦上靖夫
音楽:佐橋俊彦
音楽プロデューサー:野崎圭一(ビクターエンタテインメント)、篠原廣人(ソニーミュージックエンタテインメント) 、真野昇(サンライズ音楽出版)
プロデューサー:竹田青滋(毎日放送)/古澤文邦(サンライズ)
製作:毎日放送/サンライズ

OP主題歌:「INVOKE-インヴォーク-」T.M.Revolution
ED主題歌:「あんなに一緒だったのに」See-Saw

登場ロボット

HG 1/144 GAT-X105A エールストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)

ストライクガンダム[GAT-X105]
キラの愛機。スタンダードな中距離宇宙戦仕様、長距離砲を装備した砲撃戦仕様、実剣を装備した接近仕様の3タイプに兵器を換装できるオールマイティな機体。

引用:公式サイト

MG 1/100 GAT-X303 イージスガンダム (機動戦士ガンダムSEED)

イージスガンダム[GAT-X303]
アスランの愛機。宇宙、空中での高速戦闘能力に優れた機体。大きな特徴はMAへの変形能力で他の4機のガンダムとはフレーム構造が根本的にことなっている。

引用:公式サイト

機動戦士ガンダムSEEDでは、今までのガンダムシリーズ同様にモビルスーツと呼ばれる人型機動兵器が登場します。本作では敵と味方でかなり多数のガンダムタイプの機体が登場し、ガンダムVSガンダムの構図が多い作品でもあります。

管理人のレビュー

宇宙世紀とは違う新しいガンダムシリーズですね。古くからのガンダムファンにはあまり受けれられなかったようですが、個人的には普通に面白かったです。戦争や差別がテーマであり、メッセージ性の強い作品です。

ガンダム自体は、演出も含めてそれほどカッコええ!!とはなりませんでしたが、まぁロボット作品としてはサンライズさんのクオリティで及第点以上です。

問題は中だるみですね。やっぱり50話は長い…。総集編も多かったですし、テレビ放送版は同じシーンの使いまわしなども気になりました。のちに制作されるHDリマスター版はかなり見やすくなっているみたいなので、そちらを視聴する事をおすすめします。

視聴できる動画配信サービス

機動戦士ガンダムSEEDは、下記の動画配信サービスのうちdアニメストア以外のサービスで配信があり、全50話を視聴することができます。

見放題作品に含まれるため、追加料金は必要なく月額料金だけでOKです。無料期間もありますので、ぜひご利用ください。

動画配信サービス 月額料金 無料期間
dアニメストア 400円 31日間
ビデオパス 562円 30日間
アマゾンプライムビデオ 463円 30日間
Hulu 933円 14日間
U-NEXT 1,990円 31日間

続編・シリーズ作品

本作の続編として、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」があります。そのほかにはスペシャルエディション3部作があり、こちらは新作カットを追加した総集編になります。

また、HDリマスタープロジェクトとして全48話の『機動戦士ガンダムSEED HDリマスター』があり、こちらはテレビアニメ版を再構成した作品です。

新作カットの追加や描き直しのほか、エフェクトや音質を向上させています。動画配信サービスでは、主にこちらの「HDリマスター版」が配信されています。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
ロボットアニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」を紹介した記事になります。

当記事で紹介している作品や情報は、2019年8月時点のものです。動画配信サービスにおいては、現在は配信を終了している場合もあります。最新の配信状況は動画配信サービス各社のサイトでご確認ください。

作品のレビューやコメント ぜひあなたの感想をお聞かせください!

タイトルとURLをコピーしました