ダンボール戦機W

ダンボール戦機W 第1巻 [DVD]

放送時期:
放送形式:TV
話数:全58話
原作:日野晃博
制作会社:OLM TEAM INOUE
監督:高橋ナオヒト
脚本・構成:冨岡淳広
関連サイト:公式wiki

ダンボール戦機W(ダブル)は、2011年に放送されたテレビアニメ「ダンボール戦機」の続編(2期)となる作品。レベルファイブから発売しているテレビゲームソフト「ダンボール戦機」が原作のロボットアニメになります。

今作は前作から約1年後の物語になり、LBXを通じて出会った2人の少年が、世界を脅かす脅威に立ち向かう・・・

スポンサーリンク

あらすじ・内容解説

2050年、ホビー用小型ロボット『LBX』は爆発的なブームとなっていた。LBXの戦場、それはあらゆる衝撃を吸収してしまう未来の箱、『強化ダンボール』の中だった。そんなダンボールの中で戦う彼らの事を、人は『ダンボール戦機』と呼んだ。

LBXを悪用し、世界を危機に陥れようとしたイノベーターの陰謀から1年。世界は平和を取り戻し、LBXは再び最高のホビーとして愛され、世界中へと広まっていった。そんなとき、LBXを通じて、二人の少年が出会う。これはLBXを愛する二人の少年が、世界を脅かす脅威へと立ち向かう物語である。

引用:公式サイト

キャスト・スタッフ

キャスト

山野バン:久保田恵
大空ひろ:下野紘
花咲ラン:花澤香菜
海道ジン:小田久史
ジェシカ・カイオス:喜多村英梨
灰原ユウヤ:梶裕貴
宇崎拓也:中村悠一
コブラ:佐藤健輔

スタッフ

企画・総監修・ストーリー原案:日野晃博
キャラクターデザイン原案・LBXデザイン:園部淳
監督:高橋ナオヒト
シリーズ構成:冨岡淳広
キャラクターデザイン:西村博之
音楽:近藤嶺
音響監督:三間雅文

OP主題歌:「BRAVE HERO」Little Blue boX
ED主題歌:「Do Wak パラッパ」前川紘毅

登場ロボット

1/1 ダンボール戦機W(ダブル) LBX 019 ペルセウス&RS(ライディングソーサ)

ペルセウス
山野博士が極秘で開発した次世代LBX。アーマーフレームに新素材を用いることで、通常のLBXよりも大幅な軽量化に成功した。2本の「ペルセウスソード」を操る二刀流を基本装備としている為、高い攻撃力と運動性能を併せ持つ、機動力重視の機体と言える。アーマーフレームのタイプはナイトフレーム。

引用:公式サイト

ダンボール戦機Wの世界では、LBXという小型のロボットが登場します。LBXとは、強化ダンボールという素材を使用したプラモデルのようなもので、CCMという携帯端末により無線で遠隔操作ができます。

登場人物たちはこのLBXをカスタマイズし、CCMで操作してロボットバトルをします。LBXは主に3DCGで描かれますが、非常にダイナミックなアングルや迫力のバトルをすることから、ロボットファンの間でも話題になりました。

子供向けのアニメですが、ロボットバトルや演出に関しては大人も唸るクオリティです。

視聴できる動画配信サービス

ダンボール戦機Wは、下記の動画配信サービスのうちU-NEXT限定で配信があり、全58話を視聴することができます。また、U-NEXTであれば、1期「ダンボール戦機」や、3期「ダンボール戦機ウォーズ」も無料配信されています。

見放題作品に含まれるため、追加料金は必要なく月額料金だけでOKです。無料期間もありますので、ぜひご利用ください。

動画配信サービス 月額料金 無料期間
dアニメストア 400円 31日間
アマゾンプライムビデオ 455円 30日間
Hulu 933円 14日間
U-NEXT 1,990円 31日間
ビデオパス 562円 30日間

続編・シリーズ作品

ダンボール戦機Wは本作が2作目(2期)になります。前編として1期「ダンボール戦機」や、続編の3期「ダンボール戦機ウォーズ」が放送されました。

また、イナズマイレブンGOとのクロスオーバー作品「劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W」が劇場公開されました。

ダンボール戦機
ロボットアニメ「ダンボール戦機」を紹介した記事になります。
ダンボール戦機WARS
ロボットアニメ「ダンボール戦機WARS」を紹介した記事になります。
劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W
ロボットアニメ「劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W」を紹介した記事になります。

当記事で紹介している作品や情報は、2019年10月時点のものです。動画配信サービスにおいては、現在は配信を終了している場合もあります。最新の配信状況は動画配信サービス各社のサイトでご確認ください。

作品のレビューやコメント ぜひあなたの感想をお聞かせください!

タイトルとURLをコピーしました