銀河機攻隊 マジェスティックプリンス

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス VOL.1 (2大イベント抽選応募券封入)DVD 初回生産限定版【ドラマCD付き】

放送時期:
放送形式:TV
話数:全24話+特別編1話
原作:創通、フィールズ
制作会社:動画工房、オレンジ
監督:元永慶太郎
脚本・構成:吉田玲子、志茂文彦
関連サイト:公式wiki

銀河機攻隊 マジェスティックプリンスは、2013年に放送されたテレビアニメ。オリジナル作品になり、アニメーション制作会社の動画工房とオレンジの共同製作作品になります。

3DCGに定評があるオレンジのロボットCGがとてもクオリティが高く、ロボットファンの間でも話題になりました。

スポンサーリンク

あらすじ・内容解説

地球暦2110年。 宇宙に進出を果たした人類は、数多の資源小惑星を手中に収め、その未来と繁栄は約束されたかに思えた。しかし、外宇宙への橋頭保たる木星圏に、汎銀河統一帝国を名乗る謎の勢力“ウルガル”が襲来。地球は存亡の危機に陥った。一方、地球には遺伝子操作で宇宙に適応できる人類を生み出そうとするプロジェクトによって生まれた特務機関 MJPに所属する少年少女たちがいた。

イズル、アサギ、ケイ、タマキ、スルガの5人から成る「チームラビッツ」は、訓練成績も最下位の落ちこぼれの集まりで「ザンネン5」とも呼ばれていた。しかし、突然最新鋭の戦闘デバイス「AHSMB(アッシュ)」への搭乗を命じられ、全地球防衛軍・GDFの撤退の盾として前線に送り込まれていく。圧倒的な戦力を誇るウルガルに対し、果たして彼らは生き残ることができるのか…。

引用:公式サイト

キャスト・スタッフ

キャスト

ヒタチ・イズル:相葉裕樹
アサギ・トシカズ:浅沼晋太郎
クギミヤ・ケイ:日笠陽子
イリエ・タマキ:井口裕香
スルガ・アタル:池田純矢
クロキ・アンジュ:渡辺明乃
シモン・ガトゥ:東地宏樹
スズカゼ・リン:沢城みゆき
テオーリア:伊藤 静
アマネ:浅野真澄
ジークフリート:野島裕史
ジュリアーノ:鳥海浩輔
ジアート:緑川 光

スタッフ

監督:元永慶太郎
キャラクターデザイン:平井久司
シリーズ構成・脚本:吉田玲子
脚本:志茂文彦
軍事・SF考証:鈴木貴昭
副監督:則座 誠
MJP メカデザイン:谷 裕司
GDF メカデザイン:森木靖泰
ウルガル メカデザイン:渡辺浩二
美術監督:前田 実
セットデザイン:岩畑剛一
総作画監督:佐光幸恵、高岡じゅんいち、牧 孝雄
CGプロデューサー:井野元英二
音楽:渡辺俊幸

OP主題歌:「私は想像する」昆夏美
ED主題歌:「サヨナラっていう」石川智晶

登場ロボット

コトブキヤ 銀河機攻隊マジェスティックプリンス RED FIVE 通常版 全高約160mm ノンスケール プラモデル

AHSMB-005 RED FIVE -FORWARD LEADER type-(レッド5 / レッドファイブ)
指揮汎用型 イズル専用機

パイロットとのハーモニック・レベルに応じて機体性能が増すJURIA-SYSTEMを搭載した5機の内の一つ。

最新鋭のアッシュ(AHSMB)であり、セーフティ機能を極限まで高めるというコンセプトの元に開発された為、独自の自己防衛本能が組み込まれている。
戦闘宙域において応急処置や換装などの運用ができる専用のピット艦と、専任の整備クルーが配属されている。

フォワード並の汎用機でありながら、コントロールと連携した指揮管制が可能。射出されたアサルトイェーガー(外部装甲)とリンゲージ(合体)する事で大幅な出力アップを果たす。

引用:公式サイト

銀河機攻隊 マジェスティックプリンスでは、アッシュと呼ばれるパイロット搭乗型のロボットが多数登場します。各機体は登場人物のイメージカラーに合わせてカラーリングされていて、戦隊モノのような名前もついています。

それぞれのロボットには得意とする武装があり、近接型はブレードやレールキャノン、遠距離型は狙撃用ライフルなど、わかりやすくなっています。また、モビルアーマータイプの大型ロボットも登場。

舞台は主に宇宙で、超高速機動バトルが見どころです。また、3DCGを活かしたダイナミックなアングルも、この作品の魅力の1つでしょう。

管理人のレビュー

通称マジェプリ。良作!という言葉がぴったりの作品ですね。ロボット作画はすべて3DCGで描かれていますが、ロボ自体の動きがドッシリ、ズッシリしたようなスーパー系じゃないため、違和感はありません。

3DCGは高速機動のリアル系ロボットにはぴったりなんですねぇ。速すぎて見えない…!と言わんばかりにグリグリとカメラアングルも動き、迫力の3DCGロボットバトルを楽しむ事ができました。

残念な点は、テレビアニメ内ではストーリーが終わらなかったことですね。のちに劇場版へ続くのですが、テレビアニメ版は中途半端なところで終わってしまいます。

作品自体は普通に面白く、普段は声優業をしていない俳優さんが多くキャスティングされているのに、違和感なく楽しめました。普通、俳優さんが声をあてると棒演技だったりしてイマイチな事が多いんですが、マジェプリに出演されている方はみんな上手くて、声優さん顔負けの演技力でした。

視聴できる動画配信サービス

銀河機攻隊 マジェスティックプリンスは、下記の動画配信サービスのうちHuluやU-NEXTで配信があり、全24話を視聴することができます。また、U-NEXTであれば続編の「劇場版マジェスティックプリンス-覚醒の遺伝子-」も無料配信されています。

見放題作品に含まれるため、追加料金は必要なく月額料金だけでOKです。無料期間もありますので、ぜひご利用ください。

動画配信サービス 月額料金 無料期間
dアニメストア 400円 31日間
アマゾンプライムビデオ 455円 30日間
Hulu 933円 14日間
U-NEXT 1,990円 31日間
ビデオパス 562円 30日間

続編・シリーズ作品

銀河機攻隊 マジェスティックプリンスはテレビアニメ作品になります。正当な続編として、「劇場版マジェスティックプリンス-覚醒の遺伝子-」が2016年に劇場公開されました。

また、劇場版へと続く特別編の第25話「未来への翼」がありますが配信では提供がなく、製品版のブルーレイやDVDに収録されています。

劇場版マジェスティックプリンス ー覚醒の遺伝子ー
ロボットアニメ「劇場版マジェスティックプリンス ー覚醒の遺伝子ー」を紹介した記事になります。

当記事で紹介している作品や情報は、2019年12月時点のものです。動画配信サービスにおいては、現在は配信を終了している場合もあります。最新の配信状況は動画配信サービス各社のサイトでご確認ください。

作品のレビューやコメント ぜひあなたの感想をお聞かせください!

タイトルとURLをコピーしました